--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/09/25 Sat  04:05
堂本剛とFashion&Music Hall 65回(最終回)

9/24日 最後のレポです。

私は後半を仕上げています。 前半は書いていないのですが、ご了承くださいませ。
偶然にも最後のレポをさせて貰えて凄く光栄です。
これからじっくりと最初から聴きたいと思います。

追記

前半を書き終わった友人から許可がありましたので、全編掲載しますね。
それでは 最終回です。



********************************************************

どうも皆さんこんばんは、堂本剛です。
さぁ本日も始まりました堂本剛とFashion & Music Hall今日はですね第65回ですね。
うんキッチリ65回で、まぁ止まったのかな・・・という感じもありますが。
で「今日から始まる貴女と新しい繫がり」というテーマが今日はあります。
うん、で今夜ねぇ初めて聞いてる人も居る可能性も無きにしもあ~らずなんですが。。
今夜で私のこのレジオプログラム終了するという、昔でいう・・何でしょうね、もう、へこ-っていう感じでしょうね、2008年3月7日第一回とにかく始めて見ることが大切だというタイトルからスタートしたんですけども、終わりの時は「今日から始まる貴女と新しい繫がり」というタイトルがついております。
ちなみに第二回は「不安を持ったまま進んでいきゃいい」というね終わりというのはすべての始まりでもある、うんということでもあったりとかそんな色々様々な思いを込めながら今日は最後、おつとめさせて頂きます。
ずっと聞いて下さった方とたまたま聞いて引っかかったんです、みたいな人とか、いろいろいてくだはりましたね。
うん電波メチャ探してくれた人とかね。
う~んでもあのぉとにかく色々な人達のね想いの詰まったラジオだったのでね。
終わってしまうということは非常に残念なんですけれども。
僕も本当にそのこのね地元の言葉でとういか関西弁でね、そんなに喋れる場所でした。
聞いて下さるファンの方とも本音でね話できる場所頂いてましたから、そういう場所がひとつ無くなってしまうということは、ちょっと淋しいなとやっぱり思ってしまいますけど。
うんでもいろんな場所を通してね自分はこんな今本当のことを誰も言わない世の中ですけれど、本当の自分を生きていこうというふうな決意をしたのもラジオの力ですし、この決意はね揺るがすことなく生きていけたらなと思っておる次第で御座います。
さぁまぁ今日本当にね初めて聞いた人がひとりでもいてくれることを願うんですけれども、うん、初めて聞いたラジオが終わる時、っていうのもオモロイなと思いますが最終回今日ね皆さん是非最後までお付き合い願いたいと思います。
この番組アーティスト兼プロデューサーである堂本剛のセルフプロデュースによるレヂオプログラムで御座います。
愛する関西の皆さんとお話できる残り僅かなこの時間を楽しんでいこうと思うております。
あなたとの様々なご縁繋げていく気持ちで今夜も愛を持ってラジオをお伝えできればと思っております。
聞いて頂くということもね、これご縁の一つですから折角繋がることができたので僕と繫がることが出来た方これからもね、ずーっとずーっとこのラジオが無くってしまいますけれども繋がっていて欲しいなと思います。

さぁという事でね,エ~~~何も考えてなかってんなぁ。(ス:ふふっふの笑い)
うん、いやそんとき思いついたやつにしようって思もうてんけどなぁ迷わんでもいいんやろうけどな迷うよね。メチャ悩むよね。(選曲に悩んでる)
まず、Chance Comes Knockingにするかなぁブルーベリーにしようか迷ってねんけどなぁ。
まぁ凄く無責任な言い方にするとどっちでもええかなという。うふひゃひゃ(瀑笑い)
無責任な言い方するとなどっちゃでもいいかなという、歌詞の内容Chance Comes Knockingには「チャンスがやって来た!」っていうよな意味やからうん、Chance Comes Knockingかけよかな。
じゃぁまずはこの曲最終回ですけれどもねこの曲聴いてもらいましょう。
Chance Comes Knockingどうぞ。

♪ Chance Comes Knocking /ENDLICHERI☆ENDLICHERI

さっ皆さんねぇ、番組、先ほどもお伝えしましたけれども今日最後ということでまぁ始まるものは終わってしまうんだと言いますけれども本当にそうだなぁと思います。
終わるところから始まるものもあってねという・・・そういう感覚もあったりしますね。
折角ねこの番組で繋がったご縁ですから何か又機会があれば、出来たらなぁというふうに素直に思いながらね今日は最後までおつとめしますけれども。

すももさんね、ありがとうございます。
「えー剛クンスタッフの皆さまいつも楽しみに聞いていました。」よっと。
「今回メールさせて頂いたのはどうしても剛クンに伝えたいことがありました。
BOOTLEG RADIOの4月18日放送でツアーメンバーの皆さんと なんばHatchの最前列なのに双眼鏡で見ているファンのコを話されたこと覚えてらっしゃいますか?
実はわたしです。」というね。
そうだったんですね。
「何故双眼鏡で見ていたかというと、弟に最前列で双眼鏡で見たていると剛クンにイジッてもらえる(ふふっ笑い)んちゃうかぁと言われ素直に従った」と。
「LIVEでイジって貰えずラジオの放送でイジられると思いませんでした。」と
「どうでもいい情報ですがあのLIVEの日は私の誕生日でした」と。
放送中の話の中で
《一番前の人が全く笑ず全く動かずじっと僕のことを見ている回がたまにある、緊張してもうてんかね》
こんなに近くで美男子を見ること無い訳じゃないですか。二度とこんな近くで見れないと思ったら、そらガンミしますよ、こんな近くで剛クンに逢えてとても幸せでした。」という。
《よりデカく見たかったんじゃないかなぁ》
見たかったですが、おもちゃみたいな双眼鏡なので実際は50センチ位剛クンが近くなっただけでした。こんなイジラれ方でしたが私にとっては良い思い出です。誕生日でした。
剛クンスタッフの皆さま2年半ありがとうございました。
わたしは私なりにブログで剛クンの言葉沢山載せて色んな人に見てもらえるようにこれからも努力して剛クンと繋がっていたいと思います。
ファンの皆さんも方法は違ってもその気持ちは同じだと思います。
又、FM大阪さんで剛クンの声が聞きたいです。絶対帰って来てください」
ってふうに言ってくださっています。
ねぇーこれファンの人がね、ブログなんかでね僕がお話しさせて頂いた言葉をチョイスして載せて下さってるって非常にありがたいことだよね。
だって僕ブログ出来ませんから。
皆ブログできるねんけど。
ふぅむこうやって僕が叶えられないこと皆さんが叶えて下さる。
本当にこういう繋がりというのがねもの凄く強く深まっていったきっかけをラジオはくれているんですよ。
僕にとって、これからもね、う~んLIVE会場でもお逢いできることもあると思いますけれどもでもやっぱりラジオでなければ伝えられないことも一杯あってね、うん非常に残念ですけれどもこういうふうに熱くね語って下さる方、どんどんどんどんね葉書の量半端なかったと思いますけれども今日はちょっと厳選させて頂いて読まして頂きます。

さて続きましてね。
やすえさんですね。
「毎週楽しく聞いています。このラジオが終わると聞き本当に哀しい思いです。
私の母は特別支援学校で先生をしています。
その母が手を上げたりグルグル廻したりする曲何て曲?って聞いてきました。あれはChance Comes Knockingだよ。と教えると音楽の授業で使いたいな」と言っていました。障害を持った生徒にどのような授業がいいか常に考えている母にとってCHERIのLIVEは音に乗せて踊ったりリズムを取ったりできるので勉強になるものだったようです。
きっと生徒の方々にもFUNKのノリや楽しさが伝わると思います。
剛くんのLIVEは毎回FUNKの楽しさを教えてもらい自分や人生について見つめる時間を与えてもらえます。そしてまさに音を楽しむということを体で感じさせてもらっています。
LIVEしかりラジオしかりとにかくありがとうという言葉しか出てきません。
本当にありがとうございます。
そしてラジオお疲れさまでした。また逢えることを願ってやみません。
剛くん大好き愛しています」
と言ってくださっていますね。
音楽って音を楽しむってことやからなぁ。
僕が大事にしているのはLIVE,生きてる、グルーブ。
うんグルーブが良かったらいいっていうそういうこと。
頭じゃなくて、グルーブで音に乗っていくということが大事なことなんですけどね。
様々な環境や場所に対して自分の音楽が、なんかこう生きていくのならば自分が生きていた意味がもの凄くあってね。
だからChance Comes Knockingで良ければ、ぜんぜん流して頂いてもねエエなぁと思いますよ。
人って生きているから色んな試練があってね、ひとりひとりに。
うん。それ自分が乗り越えていくものであってそれは自分の力で乗り越えなアカンというのが最終的なものやから。
何かきっかけは与えることは出来てね。
でも最後まで引っ張ってあげたとしてもそれはその人の為にはならない。
自分の音楽とか自分の想い、言葉もそうやねんけどね誰かのきっかけになればいいなと思って創っているモノなんで。
今のようなお話を聞けると僕が嬉しく感じていますね。
まぁ機会あったら是非Chance Comes Knockingを流して頂けたらなぁと思います。
うん、それ凄く僕嬉しいと思います。ありがとう御座います。

さっ続きましてジョンドンさんね。
「こんばんは堂本剛さん。僕は韓国からの留学生ジョンドンです。
僕は中学3年生の時から日本語をただ趣味として勉強していたんですが進路を決める時になって自分が本当に好きでもっと勉強したいものが日本語で日本の文化であることに気付きました。
2008年日本の大学に進学しました。又、日本に来た理由の一つが堂本剛さんでした。
中3から剛さんの音楽を聞きまだ子供の自分には理解できない愛に対して自分なりに考えたりもしました。
日本でのしんどかった独り暮らしも剛さんのラジオを聞き一生懸命に頑張っている剛さんに負けない為に頑張って、また頑張りました。
そうやって3年目になりますが10月には韓国の徴兵に2年間行くことになります。
軍隊というと人を殺す技術を教える所だと言う人もいますが僕は剛さんから教わった本当の愛というものをしっかり胸に刻んで人を殺す為では無く世界の平和の為に2年間のあいだ頑張ってきます。
その後また成長した自分でもっと成長した剛さんに逢えたらいいなと思います。思えば僕は2008年の4月に来て2010年の10月に帰りますがこのラジオが始まってまた終わる時期と一致しこれも何かの縁だと思います。
追伸:奈良の明日香村で《ツヨシィ》という僕のかけ声に《ドウモ》と応えてくれて本当にありがとうございました。
10月6日7日の京都でのコンサートが剛さんに逢える最後になりますので素晴らしいコンサートになりますように僕の空に祈っていきます。」
ありがたい話ですね。
う~んそやねんな、最後になるねんなぁ。
本当にね自分が想像しない縁を繋いでくれるねんな、自分ていうものはそれは皆もそう。
だから求めるのではなく捧げる、っていう気持ちでね、生きていたいなと思うです。
なんか僕の国のね徴兵という制度が無い、でも制度があるから徴兵に行く。
この違いが人生の中にあってね彼が言っているように成長した自分にで成長した僕に逢いたいと言ってくれるてるから僕ももっともっと成長しようと思って読んいるけど、その人を殺す技術を学ぶ為に行くんではない、そんなことを逆に今、教えてもらったかなという感じがあってね。
争いってのは何も生まない、これ本当にそやなと思うねんけど。
でもその争う理由が何なのかという事を考えない限り争いは無くならへんから。
その争いを無くす為に何かを潰すのではなくてあるいは無くすんでは無くてね
争う理由それが目に見えるものなのか目に見えないものなのか、色んなことを話ししなければいけない。
国によっては制度も違うし文化も思想も違う。文明も歴史も違う。だから合わない合うみたいな話になってくるねんけど、そういうことをいってると一生何も変らなくて生きているといることやねん。な。
そして死んでいくということ。
これは皆が共通していることでね、だからそこを考えればいいのかなと思うねんけど中々こうそのシンプルな所に立つのが難しいのかのかなぁーって。
言葉で言うと、もの凄くかどがあったり傷つけたり色々あるけど音楽であれば表現であれば少しは伝わるかもしれないと思って歌ったり、音鳴らしたりするんですね。
で今ね韓国から来たんですって僕がきっかけとなって日本に来てくれて本当に嬉しいきっかけになれたなぁって、且つ日本の文化に興味を持ってね日本語に興味を持ってね。
もの凄く嬉しいことやな、人生一度やから色んな経験するってことは自分に凄く重要なものやしね。
並大抵の努力ではないと言うか、凄まじく厳しい時間を過ごさはるんでしょうけど。
でも今の彼の中にある気持ちってのはもの凄く優しい、あったかい。
何か一緒に部隊の中でやる人たちにきっかけを与えられる人になるんだろうなぁってちょっと思いました。
そのルールとかシステムに乗っかっていくだけではなくて考えながらそこを歩くということが彼は出来る人やから素晴らしいなぁって今思いました。
う~~んですから平安神宮ね、彼とは最後になってしまうのかもしれないけれども、また成長した自分たち同士でね遇える日がくればいいなぁと。
もしかしたらその時にラジオがね、またやっているかもしれへんとかそうなったらそれも面白いですね。
とにもかくにも人生一度ですから自分らしくその時間を生き抜いて欲しいなと思います。
本当に熱い優しい思いをありがとう御座いました。

さぁ今もエピソードにありましたけれども自分の歌を聞いて日本語を覚えてくれたりとか色々あってね。
そのエピソードよく聞いたのは、ソメイヨシノとか空・・とかとかもそうだったんですよね。
いわゆるバラードなんですけれどその歌詞を知りたくてって、意味を知りたくって覚えてくれはったというエピソードが凄く多かったんですよね。
ですので「ソメイヨシノ」とあとじゃあ「空~美しい我の空」こちら聞いて頂きましょう。
どうぞ。

♪ ソメイヨシノ /ENDLICHERI☆ENDLICHERI   
♪ 空~美しい我の空 /剛 紫

FM大阪さんからお送りしております堂本剛とFashion & Music Hall続きましてもこの番組に頂きましたメールご紹介していきます。

ナロワさんですね。
「剛くんスタッフの皆様ラジオが終了すると聞き驚いています。
私は神奈川在住なので残念ながらラジオを聞くことが出来ません。
でも毎週リアルタイムで実況して下さっているファンサイトのラジオのホームページオンエア曲を見て放送時間に感じさせて頂いてました。
ラジオは剛くんの思いを聞くことのできる大切な場所です。
そして私たちの思いを誰にも邪魔されることなく剛くんに届けられる大切な大切な場所です。
終わって欲しくないです。
特に剛くんが愛してやまない関西で大阪での放送、わたしも聞きたくて仕方がなかったです。
毎週番組の最後に剛くんの言う《ほな》の挨拶。こちら関東では聞くことは出来ないこの短い挨拶に剛くんの関西への溢れる愛情をいつも感じ羨ましく思っていました。
いろいろな企画に参加させて頂きました。
みんなが選ぶ堂本剛サウンドベスト10、自分の選んだ曲が何位なのかドキドキしながら発表を待っていたこと・・懐かしいです。哀しいです。
でもきっと又FM大阪さんで剛くんのラジオ聞けることを願ってます。
信じています。
2年半ステキな放送をありがとうございました。
BOOTLEG RADIOの時頂いたステッカーLIVEに行く時にチケット入れに入れて毎回持って行ってます。
ありがとう御座いました。
剛くんお疲れさまでした。
大阪での放送毎回聞きたくて羨ましかったです。
また剛くんの愛する大阪でお仕事が始まることを願っています。
剛くんラジオ始めてくれて本当にありがとうございました。
愛しています」
っと言ってくださっています。

ねっ。
続きましてなつみさんね。
「剛さんスタッフの皆さんこんばんは。
ラジオが終わってしまうということで感謝の気持ち言いたいと思います。
高校3年生の時の私は介護福祉士国家試験を受験しました。
合格するため死ぬ気で勉強した3ケ月頭の中がパンクし何故か介護福祉士を目指しているのか解らなくなって勉強が嫌になった時もありました。
いらいらして本当に苦しく逃げ出したかった時にラジオから聞こえる剛さんの声にとても癒され涙が溢れました。
そんな時ラジオから流れてきた「叶えkey」に人生一度きりというフレーズを聞きふと、我にかえりました。
人生は一度きりしかないんやから、やれるだけのことはやろう。と思い直し国家試験当日まで勉強頑張ることができました。
そして剛さんまわりにいる人たちのお陰で介護福祉士を取得することができました。
今は短大へ進学し幅広い福祉について勉強中です。
剛さんのラジオで私は何回も人生を振り返ることができ前へ進むことができました。
剛さんスタッフの皆さま本当にありがとうございました。
またいつかラジオから剛さんの声が聞こえること、聞けること願っています」
ですね。
イヤもう様々な人たちにキッカケを与えることができているこのラジオね。
こういうお便り頂くと・・本当にやってて良かったなぁと思いに更になります。
ねぇ、うん。

続きましてキャスケットさんですね。

RADIOが残したモノ

RADIOはダイレクトコミニュケーションの手段として最適のメディアなのことを剛さんの放送で知りました。 
ダイレクト、しかもリスナーのメールとのやり取りは一方通行ではありませんでした。
剛さんの返す言葉に確かな繫がりを感じたし、気持ちが響き合う心地よい素晴らしい時間がありました。 
このことは大阪周辺の電波受信地域だけでは留まらず日本全国に広がりました。


私が思う「RADIOが残したモノ」はそのことです。
(ラジオ放送業界に携わるすべての『RADIO MAN』に伝えたいのです)


ひとつの番組を日本中の剛さんファンと共有し知って欲しくて「文字化」をすることに仲間達が立ち上がったこと。
放送される剛さんの想いが文字に書き直すことで変化しないように心を込めた文章で綴り残してきたこと。 
動機は、電波の届かない地域で待ちこがれる堂本剛さんファンに真っ直ぐに届けたいとう純粋な気持ちだけです。
「Fashion&Music Hall」で剛さんが繰り返し発信する、「自分が行動し周囲に優しさを持とう」という考えは
「声」で聞ける方たちだけでなく日本中のファンの知る事になるのです。
顔も知らない大勢の仲間が剛さんの放送を通じて日本中に出来たことです。
自分の中にある「命の大切さ」「親を思う気持ち」「何が足らなくて争いになるんだろう」「世の中の不公平感」それらを考える時間を持ちました。
自分の行動に責任と自信を与え続けて、「間違ってないよ」とRADIOから剛さんに励まされ続けたのでした。 
テレビという不特定多数にタレ流す「時間」はもう私には必要ありません。
創り込まれ、作家さんの面白可笑しいシナリオで進行する世界は見抜けますし信じません。
嘘の無い真実の語りそんな普通の事が無視される時代の流れに怒りさえ覚えます。


RADIOはリスナーの真横で共に闘う、その使命を貫いている誇り高きメディアです。


放送終了を受け止めた今、かけがえの無い時間を提供してくださり、RADIOの可能性に挑戦しつづけ私たちに仲間の絆を与えてくれたFM 大阪さんに最大級の拍手とありがとうを差し上げたいです。

西のRDIOは最高でした。

つよしんぐわーるど 西のレポ隊 キャスケットより」

ということですね~。

 うーーん、本当にね、あの~  これが云いたかったというか、ラジオをあまり視野に入れない人っていうのが業界に多いんですよ。
 でも、僕からすると、ダイレクトでね、ちゃんとメールも読めるし、それに対して答えることが出来る。 
でもこれってテレビっていうメディアであったり、雑誌というと、なかなか難しくてね。 だから、ラジオってなんかホントの自分で話できるなぁっていう。 

でも、勇気いるんですよ。 

ホントなんか自分で話するって。
人間だって、何で自分をさらけだせへんかっていうたら、ビビってるからなんですよ。 自分がどう思われたら嫌やとか、ね。 
こう見て欲しいと云う欲があるからなんですよ。 
でも、その欲を捨てる事で、自分が素直になれていくんですけれども、その素直にしてくれたのが、やっぱりファンの皆さんであり、まあ、この場を本当に提供してくださったね、FM OSAKAさんだったりしてね。 
 
だってこういったラジオもね、ちょっとまあ止めてくれやぁって云われることもなくね、素直に、ずっーと続けさして貰ってますからね。 
ホントにいろんな人たちが、闘って、闘ってね、愛の闘いを繰り返して今日までたどり着いたなぁって。 そういう印象ですね。
 
なんかこう~ うーーん、人ってね、繋がる事が出来るんですよ、そういう生き物なんですよ。 
あのまぁ、孤立化する事も出来ますけどね。 
でもね、繋がると云うことをね・・した方が良いと思うんですね。
で、それは欲で繋がるのではなくて、もう『無償の愛』ですよね。 
『無償の愛』で繋がると云うことが、本当は理想ですよね。 
ひと一人がね、出来ることって無限にあるっていう事をね、もっとたくさんの人に気づいて欲しいな。
ひと一人が何か動く事によってね、世界変える事出来んねんでって。
みんなの力が どんどん、どんどん集まっていくと、想像せぇへんところに飛んでいけるのも人間。 
でも、その可能性はあきらめて生きている人っていうのは、やっぱり残念ながら何も産まない。 
うん、全く何も産まないという事ではないけれども、産む機会とチャンスと自分を見逃していくって云うことやっぱ多いと思うねんなぁ。 

だからなんかこう、僕がラジオでやっぱり本当の事、話しようかなっていうふうな気持ちになったのも、もの凄く成長した事だったし、そこで、本当の話が出来たんで、ファンの人も本当の話をしてくれて、っていうグルーブが始まったんですよね。

ほんと、このラジオね、聞いてくださった、支えてくださった皆様にホントに感謝の気持ちを全身で僕は持っていますからね。 

うん、みなさん、本当にありがとうございました。 

もうホントにいろんな手段を使って、みんなに伝えようとしてくれたっていう・・もうこんなに大っきな愛をね。 
僕は見過ごすわけがなくてね、まぁ皆さんの愛が、ホントにあのう・・・・今以上にねキラキラ キラキラ、本当にね煌めくようにね、僕も今のこの環境とかいろんな状況ね、まぁ争うことなく、真っ直ぐ生きていけたらなぁって。
僕はいつも争いたいと思って生きてないからね。 

まぁ、これだけ熱い想いをね、たくさん戴けるってそういう機会、本当にないので、みなさんホントにありがとうございます。  

さっ、え~ そうですね。先ほど叶えkeyのね、お話とかも出ていたりしましたけれども、叶えkeyという曲はホントになんかこう、自然にこう出来た曲ではあんねんけどなぁ。 なんかこうもっと日本人であるって云うことだったりね、自分て云うことを明確に持とう!っていう、愛そうみたいな。 何かを叶える為には痛みも必要だよっていう。 だから何も悲しい事では無いんだよっていうね。 なんかそういうふうな想いを込めて作った曲ではあるんですけれども。  
じゃぁですね、凄くいつもいろいろね、良いといってくださったりするのでね、♪これだけの日を跨いで来たのだから という曲と、♪叶えkey、こちら2曲聴いて頂きましょう。 どうぞ。

♪これだけの日を跨いで来たのだから

♪叶えkey

堂本剛とFashion&Music Hall、今夜もエンディングの時間になりました。

もうラストですね。
ホントにラストのラストになってしまいましたけれども。
え~ ホントにね、他、いろんな方に戴いているんですけれどもね

[ゆきこんままさん、あゆみんみんさん、パンナコッタさんに、ちえさん、なっちゃんはねさんに、あこさん、かよこさん、いけださん、みずきさん、はるきさん、お茶だいすきさん、まいさん、まこちさん、なあちゅんさん、さやかさん、たらこさん、あやさん、ばんびさん、ひろみさん、なりさん、ころころさん、まろんさん、みちえもんさん、いろはもみじさん、かすみさん、えみさん、しーさん、あにゃきんさん、うぉりこさん、さっちゃんさん、そしてあつごんさん、ぶっちーさん、よちこさん、こりっきーさん、さとみさん、るるんさん、百人力さん、なりさん、ぼんさん、ふぁんふぁんさん、バームクーヘンさん、ゆっこさん、 としえさん、ゆみさん、まきまっきーさん、えみさん、ちゃこさん、20時以降たべないさん]

ホントにあのう・・・・いろ~んな人にお便り戴いております。
 もう なんでしょうね。 
この・・・西~やからしゃべれる事っていうのかなぁ。 
これもう差別とかじゃなくてね、なんかこう、なんか西やから出てくるものってなんかあるんですよね。 人間、アーティストって場所が変わると出るもんが変わってしまうんでね。で、これ いうても東京で録ってるやん、って云われても、僕これ東京で録ってる気はしてませんからねずっとね。

西に投げてるって云う気持ちで録ってますから。 

で、東も素晴らしいところいっぱいあるし。 
うん。 やねんけど、やっぱ西なんやねんなぁって気はするんですよね~。  

ま、でもホントにこのラジオという中でね、あの~こんなにもありのまま素直に生きるなんて事が出来るんだ~って自分でもびっくりしました。 
でも、ホントにねファンの人の力って凄いなぁって思うんですよ。
何ていうのかな、自分が考えてて、これはちょっと愛じゃないのかな?とか、止めた方が良いかな?って思っても、みんなが素直でさらけ出してくれたから、自分もこういう風な自分になれたりとか、ああ、この人たちの前では本音で良いんだみたいなね。 そういう気持ちにさせてくれて。 
ホントにだからファンの皆さんが僕を救ってくれているけれども、スタッフはじめね、様々な人を助けてくれている、救ってくれているんだと云うことを、お伝えしたいなと最後に、と思いました。 
あの今、感謝の気持ちをたくさん伝えてくださっていたんでね。 
うん。でも、あなた達の大っきな愛っていうものはホントにたくさんの迷いとか不安を救ってくれてますよ。 

僕はじめ僕の周りの人たちにもね。 
うん。 こういう事実というか、本当の事をこれからも胸に、うん。体にも全身に感じてね、うん。生きていきたいなというふうに思います。 

みなさん、本当に長く、長くありがとうございました。


さあ、ということで、いつもここではね、番組の方にメールを送ってくださいというふうにお伝えするエリアなんですけれども、まぁ、今日で終わってしまうんでね~ うん。  ただ、まあ今日の最終日の感想はね、なんか聞けたらなぁと思ったり。 
その感想を僕ももちろん読むけど、まあ、以外の人、今この部屋にいない人、だったりにもやっぱり届けたいなという想いもありますので、みなさんもし良かったらですね、最終日の感想あるいは、それ以外の事でも構いません。 
番組にメール、感想を送って頂けたらなというふうに思います。 fmosaka.net  fmosaka.netからリクエスト・そして番組名を選択し、メールフォームから送ってください。どうぞよろしくお願い申し上げます。

さ、そしてお知らせなんですけれどもね。先ほどもメールにもありましたが、10月の6日と7日に京都の平安神宮さんでライブをさせて頂くことがもう決定しております。 
で、みなさんチケットを買って頂きましたので、無事に完売致しました。
ありがとうございます。 
え~  来て頂ける方とね、泣く泣く来れない方、いろんな事情で来れない方、いらっしゃると思いますが、

離れていてもね、目の前にいなくてもね、僕の思いというものはね、ホントに凄まじいところまで届くものだと信じています。


 ホントそんな気持ちでいつもやっているんですよね。
もう全身、つま先から頭の脳天まで使って歌ったり、演奏したりするんで、なんかこう、目に見えないエネルギー波とみたいなものがね、枝分かれに枝分かれをして、心の中に届いていくんだというイメージでいつもやるんです。だからそれが屋外であろうが、屋内であろうが。 うん。 天井があろうが無かろうが、いつも関係無くてね。 
どこまでも飛んでいくっていうか、そんな思いで、そんなイメージをしながらいつも歌うんですよ。
だから韓国まで届いていったんかなって、いろいろ思ったりするんですけれどもね。 でも、いつかね、なんか韓国とかでねライブやれたらなとかやっぱ思いますね、こういうエピソード聞くと。

 ま、これから え~ 皆さんに様々な詳細をお届けする場所も少し減ってしまいますけれどもね、 tsuyoshi.in というアクセスする場所もありますし、堂本剛のね最新情報をお届け出来る無料登録のものもあったりしますので、このtsuyoshi.in の方にもアクセスして頂けたりすれば、また何かそこからお届けできるとは思っておりますが。

さ、ということでございましてね、ま、ホントに2年半ね、[あっという間]でしたけれども、これ多分あっという間やったのは、楽しかったから他無いんですけれども。 ね、みなさん、本当にこのラジオで繋がった成長した様々な自分、発見出来なかった自分とか、いろんなものホントにおありだと思いますけれどもね。 
このラジオで培ったものをね是非明日に繋げて、そして未来に繋げて頂きたいと思います。

そうすればまた、みなさんとこういうふうな機会を設ける事も出来る、と僕は信じておりますのでね、ホントにねこれから様々な人生皆さん、送られると思いますが、どうぞ一度きりですから、自分の信念を持ってね、自分の魂が、絶対的にふるえる場所へと歩いていってください。

うん、これは僕もそうしていきますのでね、え~みなさん、これからも[僕に付いてきてください]。
ホントにみんなと一緒にいろんなもの見たいなと凄く思ってるんですよね。 また僕たちにしか描けない未来・希望・そういったものを確実にみんなで捉えられる日を信じて今日は終わりたいと思います。 

2年半、ホントに皆さん聞いてくださってありがとうございました。 

え~ということで、最後はね、いろいろ考えたんですけれども、やっぱり『街』を聴いて貰おうかなと思いまして、うん。 この曲を聴いて頂きながらお別れしたいなと思います。 
これはもうホントに東京に出てきて、奈良とか大阪とかいろんなとこを思い出しながら書いたり、そしてその西と東京とをですね、照らし合わせて、なんかこう空見上げてとか、なんかいろんな想いで作った歌なんで、この『街』と云う歌を最後にかけてお別れしたいと思います。

で、と云うことでございまして、みなさん本当にね、お体などご自愛ください。
まあ、あの人生一回きりですから、無理なく、自分らしく、たくさん笑ってたくさん輝いてね、たくさんグルーブしてください。

さ、ということで皆さん、良い週末をお送りください。 またどこかでお会いしましょう。お相手は堂本剛でした。 ほな!!


♪ 街 堂本剛 (ソロデビュー曲)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : FMラジオ   ジャンル : テレビ・ラジオ

Comment
    
    管理者にだけ表示を許可する


Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック]

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ヴァカンス

剛(剛紫)予定表

剛さんの様々な予定

毎週金曜日PM9:00
Fm osaka
堂本剛とFashion&Music Hall

毎週土曜日 PM10:00
Bay Fm
堂本剛とFashion&Music Book
【奈良薬師寺大講堂】
野外LIVE (雨天決行)

7月 9日 18:00 開演
7月10日 18:00 開演


【薬師寺LIVE DVD 2010】
【初回盤】 DVD CD付き3枚組

【通常盤】DVD2枚組

私が参加予定 【ENDLICHERI LIVE】

 【CHERI E】

日本ガイシホール 名古屋

 8月8日

SPACE kiss

「CLICK ME!!」のタイミングでクリック出来るとSankakuからのメッセージが広がります。

kurikaesu春

リリース情報Sankakuが教えてくれます。

MY AIM

貴女の目標や決心を聞かせて下さい。書き込みが増えるたびにSankakuも増殖します。

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリー

FC2アフィリエイト

RSSフィード

占いブログパーツ

なかのひと

マナの♪剛色の日々♪

QRコード

ブログ内検索


堂本剛とFashion&music hall 56回後半 ≪         HOME         ≫ ココロ見 アンケート記入ははお済みですか?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。